エクセルは使えますか?という質問の曖昧さ

こんにちは、ぼんでぃです。

題名の通りなんですが、転職活動等を通じて、

「エクセルは使えますか?」

というあまりにも大雑把な質問が飛んでくることがよくあります。

このエクセルが使えるという定義って非常に曖昧ですよね笑

皆さんも今後面接等を通じて耳にする可能性があるかもしれないので、僕なりの考えを述べて行きたいと思います。

そもそもぼんでぃだったらどう答えるか(その理由)

僕が今の会社に転職してくる時もPCスキルに関しての質問がありました。

確かExcel、PPT、プログラミングあたりをヒアリングされたと思います。

僕はプログラム系はVBAしか扱えない(そもそもVBAはプログラムに入らないかもしれませんが・・・)ので、Excel、PPTに関しては使えますとお答えました。

今日はExcelの話なのでExcelにフォーカスしていきますが、

そもそも僕がExcelでできる事といえば、

  • 一般的な関数を使う事ができる※
  • 一定レベルのグラフを作成する事ができる
  • Excelを用いて財務モデリング・証券投資分析・企業価値評価ができる
  • VBAである程度の作業を自動化できる

※一部の方で、四則演算程度しか使えないのに関数が使えると仰る方がいらっしゃいますが、勘違いしておりますので、改めたほうがよろしいかと思います笑

というレベルです。

先方から特段の指定がない限り、1番目と2番目を達成してればできると言っていいんじゃないかと個人的には思います。

逆に、Excelスキルの有無を聞かれるレベルの会社だとすると、1番目と2番目程度は最低限使いこなせないと、日次計表の更新すらままならない可能性もあります。

実際に人事をやっている友人に聞いてみた

中小企業ではありますが、実際に人事をやっていてエクセルスキルの有無をいつも聞いているという友人がいたので意見を聞いてみました。

聞いている感じだと日々の在庫や売上の管理票を扱ったりする上でエクセルを使用するようですが、彼が要求していたレベルは以下になります。

  • 基本的な関数が使える
  • ピポットテーブルが使える
  • ブラインドタッチができる

ここでブラインドタッチという項目が出てきましたね笑

タッチ・タイピング: Touch typing)とは、パソコンワープロキーボード入力を行う際に、キーボード面の文字刻印に頼ることなく、指先の感覚だけを頼りにしてキーを叩くタイピング技法。ブラインド・タッチタッチ・メソッドとも呼ばれる。

Wikipediaより

確かに僕自身はそれほどタイピングスピードは遅くない方なので考えもしませんでしたが、彼曰く、エクセル以前にタイピングが遅すぎて話にならない新入社員(中途を含む)が相当数いるようです。

エクセルスキルは明確に定義されない事が多いですが、タイピングスピードは明らかに目に見えてしまうので、気になってしまうのかもしれませんね。

もしExcelスキルの有無を面接で聞かれたら

もし、Excelに触れた経験が無いにも関わらず面接でExcelスキルに関して言及があった場合、僕ならできますと答えると思います。

※責任は取れませんので、自己責任でお願い致します。

なぜなら、基本的なExcelスキルなんて詰め込めば一ヶ月程度で習得できてしまうからです。

例えば転職活動だとすれば、入社までに短くとも3週間〜1ヶ月程度のタイムラグがあるはずです。

そこで最低限のインプットを行なって、基本的な動作を覚えてしまえば、あとはOJTでなんとかなると思います。

実務で最低限困らないよう、Excelスキルを短期間で習得するためのスタディフローをぼんやり考えているのでそのうちアップロードしますね。

逆にスキルがないにも関わらず、面接でできると言ってしまった場合は死に物狂いで勉強してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です