grabのインストールは日本で!東南アジア旅行に必須アプリのgrabを徹底紹介

ウーバーに代わる最強アプリ!grabって一体なんなの?

こんにちは。ぼんでぃです。

皆さんはgrabってご存知ですか?

最近になって徐々に有名にはなってきていますが、まだまだ知らない方が多そうなので記事を書くことにしました。

これからバリ島やセブ島など、東南アジアに旅行される予定がある方は必ず導入しておいて欲しい僕の中では東南アジア旅行におけるダントツの最強アプリです。

端的に言うと、grabは東南アジア版ウーバーみたいなもので、配車アプリなんです。

東南アジアでタクシーを利用すると何かとトラブルがつきものですが、grabを利用することでトラブルに遭う可能性を最小限まで小さくする事ができますし、比較的安価に移動手段を調達する事ができます。

grabってどんなアプリなの?

ウーバーも日本では使いづらいので、ウーバーっぽい感じと言ってもなかなか伝わらないと思います。

簡単に概要をご説明すると

  • 現在地(GPSで計測してくれる)と行き先を入力
  • 自動的にgrabが金額を算出(これが支払いの固定金額になります)
  • 近隣のgrabドライバーを自動検索
  • 条件を受領したドライバーが自分の現在地にピックアップに来てくれる
  • 目的地で前述の固定金額を支払いし終了

と言った流れですね。

個別に説明を加えて行きます。

現在地と行き先の入力

grabはgooglemapをベースに作られているようです。

grabを開くと以下のような画面になるので、現在地と目的地の入力を行います。

僕は現在日本にいるため、アプリが機能しないんですが、grabが使える地域にいるときは現在地をGPSが捕捉し、勝手に入力してくれます。

もし、現在地と違う場所でピックアップして欲しい場合は自身で手入力する事ができます。(青い矢印:現在地赤い矢印:目的地

※僕の現在地が表示されてしまっているため、白塗りにしました。お見苦しくて申し訳ありません。

grabが運賃を自動的に算出

これは文字通りですね。

目的地までの距離や、その時の道の混雑具合を考慮してgrab側が運賃を自動的に算出します。

基本的にはこの時に設定されたルート通りのルートをドライバーは通る事になります。

僕の肌感覚だと、メータータクシーと同程度くらいのレートに設定されていると思います。

近隣のgrabドライバーを自動検索

こちらが設定した条件で引き受けるドライバーを自動的に検索します。

過疎地域でない限り30秒以内にドライバーが見つかります。

この時、ドライバーのレーティングが★の数で表示されるんですが、大抵のドライバーが5〜4つです。

万が一4未満のドライバーだった場合はキャンセルしましょう。

僕が試した限り2回程度のキャンセルは特段ペナルティが発生しなかったので、気兼ねなくキャンセルは使ってください。

また、キャンセル直後に検索を行ってしまうと同じドライバーが拾ってしまうこともあるので2〜3分空けてから検索することをオススメします。

目的地で前述の固定金額を支払いし終了

これはタクシーと一緒ですね。

念のためアプリ使用時に設定された金額は覚えておきましょう。

grabのインストールは日本でやらないとめんどくさい

grabはとても便利なんですが、利用には電話番号登録によるアクティベートが必要になります。

僕はセブ島長期滞在中grabが必要になったためインストールしたんですが、アクティベートするのにだいぶ手こずりました。

ショートメールの受信を行うために機内モードを解除する必要があり、海外パケット料が請求される瀬戸際のギリギリの戦いでしたw

そんな余計な戦いをしなくて済むようにインストールは日本で済ましていくことをオススメしますw

インストール自体は2分で終わります

一応図解するためにサブ機で登録し、スクショを撮ったので貼っていきます。

インストール自体は非常に簡単で、全部で2分くらいで終了すると思います。

まずは携帯にgrabのインストールを行ってください。
電話番号を入力します。090スタートであれば90XXXXXXXX、080スタートであれば、80XXXXXXXXのように、先頭の0を抜いた番号を入力してください。
ショートメールで6桁のアクティベートコードが送られてきますので、赤く囲ったところに入力してください。
名前とEメールアドレスの登録を行います。
僕は予測変換をスルーしてBondyにする予定がBondsになっていましたw
YES,ALLOWを押します。
実際に現地でTransportを押すと使う事ができます。

日本でTransportを押しても、「この地域では使えません」的な表示が出て使う事ができません。

現地に行けばWifi環境さえあればちゃんと機能しますので、日本における挙動は気にしなくて大丈夫です。

僕がgrabを選ぶ理由

僕がgrabを利用する理由で一番大きいのは安全性です。

乗車するたびにドライバーのレーティングを求められ、ドライバー達も高い評価を得られるよう、丁寧に案内してくれます。

地元のタクシーより清潔な車を使っている事が多く、ドライバー自体も気さくな人が多い印象です。

また、僕は数ヶ月セブ島に篭っていたこともあるんですが、地元の人たちでさえも

「タクシーには乗らないでgrabを使ったほうがいいよ」

とアドバイスをくれるほど、地元の人も安心して使っていたことも印象的に残っています。

タクシーは公共タクシーなのか白タクなのかも区別がつきにくい一方で、ドライバーの事前情報が得られるだけでなく、金額も入り口の段階で固定されているためトラブルに発展する可能性が極めて低いです。

僕は通算100回以上grabを利用していますが、一度もトラブルにあった事がありません。

今後、東南アジアに旅行する予定がある方は是非ともgrabを渡航して頂くことをお勧めします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です