【2019年8月版】ガルーダインドネシアのビジネスクラスでバリ島まで行ってきた!【デンパサール→成田編】

ガルーダのホームグラウンドインドネシアで本領発揮のビジネスクラス!

こんにちは。ぼんでぃです。

ガルーダインドネシアビジネスクラス体験記の第2弾です。

第一弾は成田からバリ島へ行く便の紹介でした。

その時の記事はこちら↓

第2弾はバリ島から成田へ帰国する便の搭乗レビューです。

行きか帰りか、どちらかだけビジネスクラスを利用できると言われたら悩みに悩んで行きを選択すると思いますが、

ガルーダビジネスを利用した帰国便もかなりのメリットがあります。

ガルーダインドネシアのホームグラウンドはもちろんインドネシアなので、ガルーダならではのサービスが色々受けられます!

僕に実際起こったトラブルも踏まえてご紹介して行きたいと思います!

チェックインで早速本領発揮!究極のプライオリティーレーン

バリ島ングラライ国際空港から成田空港に帰国する場合、夜中0時過ぎの深夜便を利用することになると思います。

成田空港行きの便のちょうど30分くらい前に関西に向かう便も飛んでおり、深夜といえどとてつもない混雑具合となっています。

ちなみに、エコノミークラスのチェックインカウンターの行列はこんな感じでした。

そんな中、ビジネスクラスの利用客はプライオリティレーンが利用できます。

最初の写真でいうと、行列の奥が空港の入り口になるんですが、行列を横目に通過した奥にガルーダ専用のプライオリティレーンがあります。

手荷物検査場入り口の真横あたりですね。

ここでは並ぶ必要は全くなく、並ぼうとすると係員の方が来てくれ、私たちの受託手荷物を預かってくれるのと同時に、パスポート等を引き取ってチェックインまで済ませてくれます。

待っている間は写真にもあるソファーでゆったり待っているだけです。

私達が行った時はかなり混んでいましたが、それでも待ち時間は5分程度でした。

過去にはエコノミークラスで帰国したこともありますが、まずこのチェックイン作業で相当うんざりします。

この後に控えている手荷物検査やイミグレーションも並ぶことが多いので、チェックインがスムーズにできるとだいぶ違うと思います。

デンパサールで数少ないビジネスラウンジがガルーダにはあります!

手荷物検査やイミグレーションを通過すると免税品やラウンジがあるフロアにたどり着きます。

僕は行きの成田やギャラリア(免税店)で相当買い物をしたので、一目散にラウンジに行きました。

ラウンジの場所は免税店を抜けて奥まで行ったところの2階にあります。

少しわかりにくい場所にあるので、上を見上げながら歩いてみてください。

また、デンパサールには三つのラウンジがあります。

  1. PREMIER ROUNGE
  2. T/G ROUNGE
  3. Garuda Indonesia International Rounge

ですね。

僕が利用したのは3つ目のGaruda Indonesia International Roungeになります。

僕は詳しくないんですが、1や2のラウンジは料金を支払うか、プライオリティパスを持っている人が使えるようです。

いわゆる成田や羽田にあるようなクレジットカードラウンジは無いので、ガルーダラウンジは時間を潰せる貴重なラウンジの一つです。

ラウンジとしての質はというと、正直大したことありません。

アルコール、ソフトドリンク、ライトミールの提供があり、Wifiはもちろん使えます。

収容人数はそれほど多くなく、本当に混雑したら入れない可能性もありそうな気がします。

食事の写真は撮ってきました。

そんなにそそられるものはないかな、と思いますw

ただ、デンパサールは相当人が多いので、ラウンジに入って静かに休めることは時間帯的にもとてもありがたいのでビジネスクラスを選ぶプラス材料だと思います。

僕がトラブルに見舞われ、ラウンジのお姉さんに助けてもらった話も一番下に記載しておきますので、よかったら読んでみてください。

深夜便のビジネスクラスは本当によく眠れます

デンパサール→成田便は深夜に出発するため、フルフラットシートの真価はここで発揮されます。

僕はエコノミークラスでほぼほぼ眠れない人間なんですが、今回は離陸から着陸まで一瞬食事を取った以外ほぼ寝ていたので写真があまり撮れていませんw

食事はおぼろげに写真を撮っていたので載せておきます。

行きも帰りも和食を頼んでいたようです。

ちなみに、ドリンクサービスも行きの便と同じくあって、僕はシャンパンを頼んだようです。(あんまり記憶がない)

トラブルもなんのその!ビジネスラウンジにいたから助かった話

最後は僕がトラブルに見舞われた話をして終わります。(自爆)

話はガルーダラウンジに戻るんですが、くつろいでいるときに事件がおきました。

そう、MacBookがバックにないのです。

僕の足りない脳をフル回転させて、何故ないのか考えました。

「・・・手荷物検査で出して出しっぱなしだ」

焦って戻ろうとしましたが、手荷物検査場は壁の向こうの更にイミグレの向こう側。

普通にはいけそうにないのです。

ラウンジの入り口で悩んでいたら、綺麗な受付のお姉さんが声をかけてくれました。

事情を話すと、自分のことのように心配してくれ、すぐに手荷物検査場に電話してくれました。

それらしいPCが残っているという情報を確認してくれ、問題なく通過できるよう、ガードの方までつけてくれました。

結果、あっという間にPCを回収することができ、本当に助かりました。

もしラウンジ使ってなかったらどうしてたかなぁと思うと、回収に手こずりそうなイメージだけつきますw

特に日本以外の土地でそういったトラブルに巻き込まれた時の対応力はとても絶大ですね。

そういうことが起こらないことが一番ですがw

次回のバリ島は再来年を予定していますが、その時はまたビジネスクラスを利用して行きたいと思います。

(潤っていたらファーストクラスに挑戦しちゃうかも・・?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です